エバーラスティング 時をさまようタック

 若い時見てたら、リアルに考えただろうなー。最初に観たのは15年ぐらい前か。ナタリー・バビットの児童書がベースらしい。



あらすじ

森の不思議な水、永遠の命を得られる水を飲んでしまったタック家の人々。そんなタック家のジェシーと恋してしまうウィニー。だが、ウィニーの両親は、娘が誘拐されたのではないかと思う。

キャスト

ウィニー=アレクシス・ブレデル
ウィニーの母=エイミー・アーヴィング
ウィニーの父=ヴィクター・ガーバー
ジェシー=ジョナサン・ジャクソン
ジェシーの父=ウィリアム・ハート
ジェシーの母=シシー・スペイセク



2人のピュアな感じがきれいだったな。配役ぴったりな気がする。永遠の命の水が欲しくて卑怯な手段を使う大人とか、ディズニーらしいアクセントはきっちりあった。

タック家が追われた時、ジェシーはウィニーにあの水を飲んでと言う。水を飲めば、ジェシーとウィニーはともに生きられる。永遠に生きながらえる。その年齢のままで。若いままでいられる。

けれど、ウィニーはそうはしない。永遠に永らえる事が、若さを保つ事がすべてじゃない。
その事にウィニーは気付いているから。



若い頃って、こーいう事をよく考えたなーと思ってみてた。自分が生まれてきたのは何の為かとか。今考えると、幼すぎて笑ってしまうけど、あの時期にあれこれ考えた事が、その後に役だった事を考えると、あれはあれで悪くなかったのかもしれない。

その時期にしか出来ない事ってあるんだろうな。

このブログの人気の投稿