死役所/1-2

二重に気になる部分があるのが好きだな。

 


AmazonPrimeに入っているので、readingで無料で読んだ。今は3巻まで無料みたいだ。

あらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。最初の仏様は自殺した少年。
そこに彼をいじめた少年がやってくる。自殺した少年の義父が復讐したと聞いて、義父は自分に無関心じゃなかったんだと知る少年。死役所のシ村に、「もっといろんな話がしたかった」と伝えてくれと言う。等数点。



どの話も面白かった。シ村さんが聞かれないと答えないのはお役所仕事っぽいけれど、他の人達はもう少し親切だったりする。亡くなってやってくる人達の生前が描かれていて、人を助けて亡くなって後悔する人や、自分が何故死んだのかわかってない子もやってくる。どの話も、ちょっと切ない。

そういう亡くなった人達の話の他に、死役所の職員の話が入ってくる。職員は死刑になった人達らしく、真面目に働いていれば成仏する道が開けるかもしれないらしい。シ村さんが死刑になった理由はだいぶ後の巻なんだろうな。そこまでは読めなかったが、涙もろいおじさんが死刑になった理由は悲しかった。最後に姪が合いに来てくれて救われた。

このブログの人気の投稿