人形は指をさす#1#2

 原作はダニエル・コールの「人形は指をさす」



キャスト


ネイサン・ローズ=ヘンリー・ロイド=ヒューズ
エミリー・バクスター=タリッサ・テイシェイラ
レイク・エドマンズ=ルーシー・ヘイル

♯1


殺人事件の現場は、引っ越しを終えたばかりのローズ巡査部長の家の真向かいだった。
駆け付けたローズが目にしたものは、6人の体を縫い合わせて1体にした被害者の姿だった。

6人の被害者のうち、頭部だけはすぐに判明した。連続殺人犯マーク・フーパー。
起訴されたが、ローズの不正捜査のせいで無罪放免になっていた。

マークのデスクに一通の手紙が置かれていた。その手紙の中には6人の名前があった。
1.レイ・ターンブル(市長)
2.ニック・フーパー(弟)
3.エリックー・ターナー
4.マシュー・ウィンゲート
5.アンドリュー・デイリー
6.ネイサン・ローズ(巡査部長)

保護された市長は、喘息用の吸引器に入っていた潤滑油を吸い込み引火する。

♯2


監視カメラを調べて、吸引器を取り換えた保護班のコプリーを逮捕する。
一方、テレビに狙われる6人の名前が出てしまい、ニック・ハーパーは警察からも逃げ回っていたが出頭し、犯人を見たと証言する。

証言後、弁護士アリッサが来ないかぎり話はしないと宣言するニック。だが、ニックはそのアリッサに殺される。そしてそのアリッサは自ら車に飛び込む。

ローズが連続殺人犯の不正捜査の後、入った病院で一緒になったジョエルが、ローズに人を殺す依頼が出来ると教える。対価は自分の命を差し出すこと。ローズはフーパーの殺人依頼をしていた。

ローズは病院を訪ねるがジョエルはすでに亡くなっていて、彼が残した聖書から電話番号を
探し出し、もう1度電話する。フーパーの殺人依頼はしたが、他の人を殺せとは言ってないと。
一方、フーパー以外の5人の被害者のうち、タトゥーから被害者の1人が判明する。フーパーの保護観察官ミシェル。フーパーを擁護した。
そして指紋から判明したのは警察官のチェンバーズ。チェンバーズが手紙を書いたことになっていたが、書いたのはエミリーで、チェンバーズは最後にサインしただけだった。



原作を読んでないのであれだけど、脚本が整理されてないのか、かなりわかりにくい。
唐突に話がはじまる感じがあって、ちょっと混乱する。補えない事もないけど。

6人の遺体をつなぎ合わせた犯人と、リストに載っている6人を殺そうとしてる犯人は同じなんだろう。ローズ役のヘンリー・ロイド=ヒューズさんの声が低くていい。

 

人形は指をさす#3#4

原作はダニエル・コールの「人形は指をさす」



このブログの人気の投稿